ココ★クリック
ラコステのポロシャツが一番安いのはコチラ

ラコステ

ラコステポロシャツの着こなし方

LACOSTEポロシャツの着こなし方

ラコステのポロシャツは一枚でも十分ファッション的に問題なく着こなすことが出来ますが、ラコステのポロシャツは重ね着でコーディネートすることも結構オシャレだったりします。

ラコステのポロシャツの上に、さらにラコステのポロシャツと考えますと何か変な感じがしますが、実際試してみるとそうでもありません。ラコステのポロシャツは衣類量販店などで手軽に購入することが出来ます。

また様々なカラーが出ているので、例えば、一枚目は黒系のポロシャツに、重ねるポロシャツは青系や紫系のをあわせてみるなど、ちょっとした工夫でラコステのポロシャツスタイルのバリエーションを増やすことが出来ます。

ラコステ

ラコステのポロシャツのマークが右にある理由

LACOSTEのポロシャツのマークが右にある理由

ラコステのポロシャツだけでは無いのですが、ポロシャツにおいて、ラコステ、ラルフローレンやフレッドペリーなど、ブランドマークは常に左胸についているのですが、右胸にあったら何か都合が悪いのでしょうか。

これははっきりとした理由が定まってはいないのですが「人は右利きが多い」という理由からきているそうです。

左胸にポケットがある場合は右手でものを入れるのは簡単ですよね。また、昔の勲章やバッジなども右腕を動かしたときに邪魔にならないよう左胸につけていたということから、ラコステのポロシャツのブランドマークもこのときの風習を受け継ぎ右胸ではなく、左胸につけるようになったと思われます。

ラコステ

ラコステのポロシャツの特徴

LACOSTEのポロシャツの特徴

ラコステのポロシャツの特徴を紹介します。

ラコステのポロシャツにはコットンピケのジャージニットが使われています。これは素材を大きく拡大してみるとわかるのですが、たくさんの小さな穴があり、それがまるで蜂の巣を想像させる規則正しい配列をしているのです。

これは何を意味するのかといいますと、沢山の穴があるということはそれだけ軽いということであり、通気性においては間違いなくよいというだけでなく、着心地においても肌に優しく触れるためまさしくポロシャツのための素材といっても良いでしょう。

ラコステのポロシャツにはこんな素晴らしい特徴があったのですね。

ラコステ

ラコステはどこが一番安い??

LACOSTEはどこが一番安い??

ラコステは通販でも買うことが出来ます。楽天市場で検索してみるのがよいかもしれません。「ラコステ ポロシャツ」で探すと見つけられます。デパートで買うよりも若干値段が安いようです。

グーグルで検索してもたくさんラコステのポロシャツの通販が出ていました。

配送料も全国一律で意外と安くて、しかも大引き手数料なしと書いてありましたので、そういうのをひっくるめても安いかもしれませんね。

クレームなどもちゃんと聞いてくれるなら、近くにラコステを扱うショップが無くてもとてもお得にラコステのポロシャツが買えそうです。一度この通販を使って買うのもよさそうです。

ただ、通販の場合、自分に合うサイズが売り切れていたりよくあるみたいなので注意が必要ですね。

ラコステ

ラコステのホームページ

LACOSTEのホームページ

ラコステはもともとテニス用に作られたものですが、ゴルフ用やヨット用にも作られています。もちろん世界中にラコステは輸出されていて、スポーツウエアとしてのポロシャツは世界中で愛されています。

ラコステのホームページを一度チェックしてみてください♪

ポロシャツだけではなく、アパレル関連のいろいろ、たくさんの商品が今ではあります。ラコステの商品は、全国の主要都市の百貨店などにおいてありますが、ラコステのホームページから自分の住んでいる地域で探せばどこでラコステを取り扱っているかわかります。

ラコステのポロシャツは大事に着ると、もともと丈夫なので、長い間着れて、とてもお得のように思います。わたしはピンクのラコステのポロシャツが好きで、夏は、ライトグレーのリネンのジャケットなどと合わせてきています。しかし、ラコステのホームページで2007年春/夏コレクションというページを開いてみるとサマーセーターやワンピース、また水着などとてもカラフルで、スマートなデザインのラコステがいっぱいあります。

香水などもたくさんの種類があるようです。わたしは残念ながらラコステはポロシャツしか買ったことがありませんが、一度使ってみたいとは思います。

ラコステ

ラコステのマーク

LACOSTEのマーク

ラコステはポロシャツが一番人気で、「ポロシャツのラコステ」といわれていますが、もちろんポロシャツ以外でも、たとえば、セーターもとてもデザイン的に良いものがあります。

シューズもラコステのワニのマークがポイントのとても楽しいラコステの商品がありますよ。

ところで、ラコステのワニのマークですが、以前は、海外製品と国内製品ではワニマークの中の「LACOSTE」の文字が違いがあったのですが最近は、同じものに変わってきているようですね。

ラコステに詳しい人しかあまり気づいてはいないでしょうが、 気になる人は気になるようです。細かいところですが。

これは、最近ラコステのデザイナーが変わって、世界的にラコステのマークを統一しようということになり、世界的に同じラコステのマークが付いているようです。たかがマークですが、けっこう気になります。

ラコステのマークは特に有名ですからね。

ラコステ

ラコステのポロシャツの知名度

LACOSTEのポロシャツの知名度

何といっても、ラコステといえば緑色をした刺繍のワニが有名です。

このワニはルネ・ラコステの粘り強いテニスのプレースタイルからついたニックネームをポロシャツに使用したものだそうです。

G−パンはむかしからリーバイスを使っているように、ポロシャツはラコステがどうしても一番着心地がよいようです。
ところで、ワニのロゴはクロコダイルもポロシャツを出していますが、左を向いているのがクロコダイルで、右がラコステです。似ているので、お間違えなく★

ラコステは誰もが知っているポロシャツとしては老舗の有名ブランドです。

わたしはむかしからのラコステのポロシャツのファンで、まだ、ラコステがフランスのファッションブランドと知らない時代、 もう40年以上も前から、好んで着ていました。

そのころから、ラコステのポロシャツは注目されていて、ラコステを着ていると、おしゃれな感じで見られていました。
ラコステ(LACOSTE)はフランスのアパレル会社で、テニスをやっている人はよくご存知でしょうが、有名な、テニスプレイヤーのルネ・ラコステという人が始めた会社で、ポロシャツのほかに、香水とかめがね、革製品とかを扱っています。

ラコステ

ラコステの代名詞

LACOSTEの代名詞

ラコステと言ったら真っ先に思い浮かぶのがポロシャツですよね。どこの家庭にも、タンスをあけたらラコステのポロシャツとか入ってるんじゃないでしょうか。 ラコステのポロシャツは、シンプルなデザインと飽きのこないデザインから幅広い年代に愛されてます。 ラコステは、どの年代・性別問わず着こなせるポロシャツが多いので、ポロシャツと言ったらラコステって位、ポロシャツとラコステは切っても切れない関係ですよね。

子供の頃からラコステのポロシャツはよく着ていた人は多いのではないでしょうか。 ラコステのポロシャツは夏には欠かせないアイテムと言っても過言ではないでしょう。ラコステのポロシャツは、古着屋にもたくさんありますよね。今では発売されなうなってしまったモデルなどを購入できるので、古着屋行った時はラコステのポロシャツを探してみてください。 ラコステのポロシャツは、ジーンズに合わせて着ることが多いですが、ハーフパンツなどにも合いますし、色んな楽しみ方が出来ますから。

ラコステ

ラコステのラインナップ

LACOSTEのラインナップ

ラコステはポロシャツが有名ですが、ポロシャツ以外にもラコステの商品はたくさんあるんですね。 ラコステのHPを見て、ラコステの商品のラインナップの充実ぶりに驚きました。 香水、レザーグッズ、メガネ、シューズ、キーホルダーなどなど、ラコステのラインナップの充実ぶりには目を見張るものがあります。

しかも、ラコステの商品は男性向け、女性向け、子供向けと個人に合わせた商品の取り揃えが充実してて、男女、老若男女問わずラコステの商品を楽しめるようになってます。 ラコステは、ちょっと高級なブランドとして世間では認識されていますね。ラコステのブランドの特徴は、変わらぬ品質、丈夫さ、心地よさ。ラコステが長年に渡って愛されるのは、いつの時代も変わらぬ良さがあるからなんですね。

ラコステはやはりポロシャツが一番有名ですが、ラコステ発症の地フランスのポロシャツは、他国で生産されたものとちょっと異なっていて、ややほっそりとした感じで着丈が長く、シルエットが美しいため、「フレンチ・ラコステ」と呼ばれているそうです。ラコステのポロシャツの中でも、大変人気があります。

ラコステ

ラコステの通販

LACOSTEの通販

ラコステのポロシャツやバッグは、通販でも購入することができます。

ネットショッピングでラコステの商品を数多く扱っていて、尚且つ信頼性もあり安いのは、やはり楽天ショッピングでしょう。楽園ショッピングで、ラコステの商品を安い順に検索してみたので参考にして下さい。

■ ラコステの商品を安い順に検索

賢い買い物で、ラコステのポロシャツやバッグを安く手に入れましょう。