ココ★クリック
ラコステのポロシャツが一番安いのはコチラ

ラコステ

ラコステブランドの由来

LACOSTEブランドの由来

1933年フランスの有名なテニスプレーヤーであった、ルネ・ラコステが考案して生まれました。 意外に知られていませんが、ポロシャツを初めて世の中に送り出したブランドで、ワンポントロゴを初めて使ったのもラコステです。

ラコステ

ラコステとは

LACOSTEとは

ラコステ(LACOSTE)は、フランスのアパレル企業であり、香水、革の製品、時計、眼鏡類、そしてポロシャツを扱っている著名なファッションブランドである。やや高級なクラスに分類される。

1933年、有名なテニスプレイヤーのルネ・ラコステが創業した。ラコステは当時フランスで最大のニット製造会社のオーナー社長のアンドレ・ジリエと共に、緑色のワニのロゴが刺繍されたポロシャツを製造する会社を設立した。ブランドのトレードマークでもあるワニは、本人の粘り強いプレイスタイルからついた“ワニのラコステ”なるニックネームに由来する(デビスカップ優勝当時につけられた)。ブランドの特徴は、変わらぬ品質、心地よさ、丈夫さである。

ルネ・ラコステ時代のテニスウェアは白のシャツにパンツと言う格好で、運動に適している服装ではなかった。そこで彼は半袖で襟がリブニットボーダーの軽く伸縮性に優れたニットシャツを開発する。これが現在もラコステの看板商品であるポロシャツの原点である。25歳で引退した後、4年後にはテニスシャツのデザインをはじめることなり、ラコステ創業へとつながっていく。

ラコステでは特にポロシャツが有名である。フランス展開のポロシャツは他国生産のものと異なり、やや細身で着丈が長くシルエットが美しいため、「フレンチ・ラコステ」と呼ばれ珍重される。